放射線リスクコミュニケーション研修会(初任者研修) | はあとふる・ふくしま

loader
はあとふる・ふくしま
避難者への生活支援とボランティア活動を伝えます

放射線リスクコミュニケーション研修会(初任者研修)

2016/09/14
 

 平成28年8月2日(火)郡山市の南東北総合卸センター、3日(水)いわき市の大熊町役場で、昨年に引き続き独協医科大学RIセンター高橋克彦先生を講師にお迎えし、放射線リスクコミュニケーション(初任者研修)を実施いたしました。

 新たに生活支援相談員になられた皆さんが対象で、避難者が心配している放射線の情報を共有し、講師と一緒に考えながら対応方法を学ぶ研修でした。常日頃の相談活動や見守り活動の中で起こる実例が多く紹介されたことから、参加者はしっかりとメモ取って聴講していました。
最後のアンケートでは、「放射線について、怖いものと思っていました。今回の研修で、少し理解することによって安心しました」との回答があり、今後の生活支援相談員の活動に活かせることが出来るものとなり、有意義な研修になったと感じました。


(総括生活支援員 佐藤勝雄)


放射線リスクコミュニケーション研修会(初任者研修)

放射線リスクコミュニケーション研修会(初任者研修)

放射線リスクコミュニケーション研修会(初任者研修)







研修で使用した資料の一部が下記URLにより閲覧できます。
出典元「放射線による健康影響等に関する統一的な基礎資料 平成27年版」
www.env.go.jp/chemi/rhm/h27kisoshiryo.html
   

この記事が気に入ったら
いいね!しよう