浪江町社協・生活支援相談員活動 | はあとふる・ふくしま

loader
はあとふる・ふくしま
避難者への生活支援とボランティア活動を伝えます

浪江町社協・生活支援相談員活動

2015/09/24
 

浪江町社会福祉協議会
池崎 悟
0243-62-0877

 

現在25名の生活支援相談員は、4チームに分かれて中通りを中心に個別支援・地域支援を中心とした業務を日々行っています。また、最近は避難先社協さんとの連携により、同行訪問も多く取り入れています。(もちろんサロンにおいても。)

浪江町社協独自の取組としては、サロンでは、行政・企業・ボランティアとの共催を多く取り入れ、人数よりも引きこもり気味な人や男性など、出てきてほしい人に合わせた趣向のサロンを多く取り入れています。男の健康料理教室・自衛隊見学・花見やサクランボ狩り・認知症サポーター養成講座など、毎回様々な方が参加してくれています。自社バスを利用しての遠足サロンが特徴かと思っています。全町避難してから、4年を越え、同時に生活支援相談員も配置後4年を越えました。再建や復興住宅の完成によって、仮設住宅や借上げ住宅でやっと出来た新たなコミュニティが再び崩壊しはじめているのが現状です。また、再構築していくことが急務となっている今、今後は「みんぷく」さん、「避難先社協」さんとの連携を益々強化していき、避難住民のニーズにあった活動をしていく為、社内研修も多く取り入れ、新しい「生活支援相談員」を創っていければと思っています。皆さん、応援よろしくお願いしますm(_ _)m

 


浪江町社協・生活支援相談員活動


浪江町社協・生活支援相談員活動


浪江町社協・生活支援相談員活動

この記事が気に入ったら
いいね!しよう