須賀川市内仮設住宅居住者交流バスツアー | はあとふる・ふくしま

loader
はあとふる・ふくしま
避難者への生活支援とボランティア活動を伝えます

須賀川市内仮設住宅居住者交流バスツアー

2015/03/11
 



平成26年11月29日(土)、今回のイベントは社会福祉協議会の復興支援・招待事業という事で市内応急仮設住宅と長沼城南雇用促進住宅にお住まいの方々(26名)にご参加いただき日帰バスツアーを実施いたしました。

当日は、あいにくの雨で肌寒いお天気でしたが、最初に立ち寄った湯本温泉では「心も体も温まったぁ・・」「気持ち良かったぁ・・。」とのんびり和む声が聞かれました。その後はミニ懐石料理に舌鼓を打ち、歓談、交流を楽しんでいただきました。

アクアマリンふくしまでは、日頃目にしない多彩な海の生物に感動し、豪快な魚の群れに命の息吹を体感していただけたのではないでしょうか。帰りは、いわき・らら・ミュウで沢山のお土産を手にされ、皆さん笑顔がこぼれていました。

久しぶりに住人同士、顔と顔を合わせ、終始笑顔の絶えない時間となりました。
今後も住人同士のつながりの場の提供や支え合いが生まれるようなイベントを企画したいと思っています。


(須賀川市社会福祉協議会 主任生活支援相談員 大沼 章善)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう