職員及び生活支援相談員総勢33名で研修会を開催しました | はあとふる・ふくしま

loader
はあとふる・ふくしま
避難者への生活支援とボランティア活動を伝えます

職員及び生活支援相談員総勢33名で研修会を開催しました

2015/02/26
 

1

2

3



 みなさんいつもお世話になっております。大熊町社会福祉協議会の生活支援相談員です。

 昨年の12月17日にそれぞれの連絡所より職員及び生活支援相談員総勢33名で研修会を開催しました。『つながっぺ!おおくま』を合言葉に孤立や孤独死の防止や町民の生活の安全、安心の支援の在り方について意見交換、勉強会を行いました。すべての皆様に支援が届かず歯がゆい思いをしておりますが、自分達ができる事を少しずつ進めていきたいと考えております。研修後にはレクレーションを行い、交流をはかりました。つながることの大切さを学び、大熊町社会福祉協議会は1つの思いを胸に努力していきたいと思います。

 先の見通せない生活が続き、不安が大きくなっておりますが、皆様と共に負けないよう頑張りたいと考えておりますので、今後も引き続きご指導、ご協力よろしくお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう