桑折町社会福祉協議会では台湾共同募金会から助成を受け、「健康ウォーキング」を開催しました。 | はあとふる・ふくしま

loader
はあとふる・ふくしま

桑折町社会福祉協議会では台湾共同募金会から助成を受け、「健康ウォーキング」を開催しました。

2015/01/07
 

image001

image002

image003

image004


桑折町社会福祉協議会では台湾共同募金会から助成を受け、避難生活でのストレスや運動不足を軽減していただくため、10月30日(木)に「健康ウォーキング」を開催しました。
“こおり歩いて楽しむ会”の猪俣好巳さんの案内で、桑折町に避難されている浪江町民35名の参加者の皆さんが、大玉村の遠藤ヶ滝遊歩道を約1時間半散策。雲一つない秋晴れにも恵まれ、紅葉を満喫し清流のマイナスイオンを浴びながら爽やかな汗を流した後、“アットホームおおたま”で昼食をとり、温泉に入浴して体と心を癒しました。
「アップダウンがありウォーキングはきつかったけれども、汗だくになっても滝まで行けて本当に良かった。マイナスイオンをいっぱい浴び、おいしい昼食と温泉をみんなで楽しむことができました。ありがとうございました。」と、参加者の方からのお声をいただきました。


(桑折町社会福祉協議会 生活支援相談員 大島貴子)


この記事が気に入ったら
いいね!しよう