国見町社会福祉協議会主催の 「芋煮会」が行なわれました | はあとふる・ふくしま

loader
はあとふる・ふくしま
避難者への生活支援とボランティア活動を伝えます

国見町社会福祉協議会主催の 「芋煮会」が行なわれました

2014/11/05
 




10月27日(月)、28日(火)、30日(木)3ヶ所の国見町応急仮設住宅で、国見町社会福祉協議会主催の
「芋煮会」が行なわれました。町有志者の方から「社協で役立ててもらいたい」とお米を頂きましたので、活用させて頂いた他、芋煮の材料、輪投げゲームの賞品を社協で準備しました。
それぞれの仮設住宅で、入居者の方たちと一緒に、芋煮を作りました。
3ヶ所の仮設で味付けは微妙に違い、それぞれの味を楽しむことが出来ました。
飯館村の方が避難している上野台応急仮設住宅には、太田久雄社協会長も参加して芋煮を食べながら談笑しました。
寒い季節になり、心も体も温かくなった、楽しいイベントになりました。

(国見町社会福祉協議会 生活支援相談員 宍戸光子)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう