岸田 典大さん | はあとふる・ふくしま

loader
はあとふる・ふくしま
避難者への生活支援とボランティア活動を伝えます

岸田 典大さん

2013/03/12
 




岸田 典大(きしだ てんだい)さん



初めて福島で絵本ライブをさせてもらったのは2001(平成13)年のことでした。私のライブに先だって、1時間にわたり地元のみなさんが自慢の「持ちネタ」を披露する楽しい時間が繰り広げられました。当時、プロ活動を始めて2年目で、まだまだ「絵本とのつきあい方」に悩みもあったのですが、とても楽しそうに絵本を読んでいくみなさんの姿に、心の中の雲が晴れた思いがしました。私にとって、エポックメーキングな1日でした。

その後、何度も福島にお邪魔させてもらい、福島市で開催された読み聞かせのイベントにお招きいただいたりと、ある意味、福島は「絵本パフォーマー岸田典大」を育ててくれた土地でもあります。福島のみなさん、本当にありがとうございます。

2012(平成24)年、久しぶりに福島にお邪魔して、保育園と幼稚園を回らせてもらいました。子ども達の元気な笑顔に、「逆に元気をもらいました」という人たちの気持ちがよーくわかりました。今年は雪が解けた頃にまたお伺いしたいと思います。



プロフィール
絵本パフォーマー。北海道在住。絵本パフォーマンスは、大学時代から始めたコーラスグループの活動で、絵本に音楽を合わせて読み聞かせをしたのがきっかけ。オリジナルサウンドに合わせて絵本を聴かせる、魅せる独特の世界は、子どもから大人まで心底楽しませる。レパートリーは、「はらぺこあおむし」(エリック・カール)など50冊以上。小学校、幼稚園、保育園、図書館をはじめ、各種子育て系事業、読書推進系事業などで活躍している。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう