移動が困難な被災者を支援する | はあとふる・ふくしま

loader
はあとふる・ふくしま

移動が困難な被災者を支援する

2011/07/04
 

▲NPO法人Jネット(日本移送・移動サービス地域ネット連合会)を通して集まった仲間と共に
買い物や洗濯、入浴、通院などの送迎支援を続けてきた鳥居さん。
従事した人は、6月18日現在でのべ460人になりました

兵庫県移送サービスネットワークの鳥居貢さんは、4月1日から移動が困難な被災者を支援する移送サービスを続けてこられました。
田村市、いわき市と拠点を移しながら活動してきた鳥居さん。
浪江町の皆さんが避難されている二本松市内での移送サービスは、希望がある限り続けたいと思っているそうです。
「移送サービスの常連さんがいる野地温泉は、浪江町臨時役場がある二本松市内から車で約1時間かかります。
バスの中でのおしゃべりも楽しみにしておられるので可能な限り応えたいと思っています」。
その後は、田村市に拠点を移し移送サービスの仕組みを根付かせて帰りたいとも。
「阪神大震災のときに助けてもらい、教えてもらったから今があります。今度は、私たちが支え伝える番です」。

▲二次避難先の野地温泉からバスに乗り込む
浪江町の皆さん



この記事が気に入ったら
いいね!しよう