ホッとサロン「てとて」日曜版 地域医療を身近に感じよう ~福島市社会福祉協議会~ | はあとふる・ふくしま

loader
はあとふる・ふくしま
避難者への生活支援とボランティア活動を伝えます

ホッとサロン「てとて」日曜版 地域医療を身近に感じよう ~福島市社会福祉協議会~

2017/09/27
 

福島市社会福祉協議会では、毎月2回のホッとサロン「てて」に加え、平成29年度よりホッとサロン「てて」日曜版を開催しています。日曜版は避難者同士及び地域住民との交流の場の提供によるコミュニティの形成と健康に関する講話や健康相談を通して、安心した生活が送れるよう支援することを目的に開始しました。

初回は平成29年7月16日(日)に笹木野みやけ内科外科院長三宅弘章先生、石井クリニック院長石井彌先生がメンバーのバンドによるジャズ演奏会を実施しました。

軽快なジャズ演奏に酔いそれた後、暑い時期に備えての「熱中症対策」に関するミニ講話を笹木野みやけ内科外科院長三宅弘章先生にしていただきました。さらに、各テーブルに演奏してくださった先生なども加わって、健康に関する話のみでなく、色々な話をする時間を持つことが出来ました。今年度初の試みでしたが、40名を超える参加者は一様に満足した様子でした。今後も「参加して良かった」と思っていただけるホッとサロン「てて」日曜版を行っていきたいと考えております。

※ホッとサロン「てて」の開催日時は第2・4水曜日 9:30~11:30、ホッとサロン「てて」日曜版は、11月と2月の日曜日(各1回) 10:00~11:00に予定しております。会場は福島市保健福祉センターを予定しておりますが、内容により日時及び会場が変更になることがございますので、参加される際は事前に福島市社会福祉協議会 総務課地域福祉係(024-533-8881)へご確認下さいますようお願いいたします。


(福島市社会福祉協議会 主任生活支援相談員 佐藤めぐみ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう