富岡町内での見守り支援がスタートしました ~富岡町社会福祉協議会~ | はあとふる・ふくしま

loader
はあとふる・ふくしま

富岡町内での見守り支援がスタートしました ~富岡町社会福祉協議会~

2017/06/28
 

富岡町は平成29年4月1日、帰還困難区域を除く一部区域において避難指示が解除されました。

当協議会も7年ぶりに富岡町総合福祉センターでの業務を再開し、富岡事務所、いわき支所、郡山支所の3拠点での活動となりました。

富岡事務所では5名の生活支援相談員が訪問活動を行い、帰町された住民が日常生活で感じている不安や不便さなどの状況把握に心がけ、訪問時には富岡町で発行した「暮らしに関するしおり」を活用し、電気や水道などの生活インフラや医療・福祉、路線バスやデマンドバス運行(※)など様々な情報を提供しています。

住民からは「近隣住民に帰町者が少ないため、寂しさは感じられるものの、住み慣れた自宅に帰れるのは気持ちが落ち着き、精神的に安らぎが感じられる」などの声が聞かれました。

当協議会としては今後、介護予防事業「GOGO!とみおか」(7月19日開始)やサロン事業「ゆうゆう倶楽部」など開催し、住民が集う場を積極的に提供し、本来の住み慣れた地域でいきいきと健康で元気に生活が送れるよう住民に寄り添い活動していきます。


富岡町社会福祉協議会

統括生活支援相談員 猪狩早苗


【註釈】
※定まった路線を走るのではなく、利用者の呼び出しに応じることにより適宜ルートを変えて運行されるバス



「お困りごとはないですか?」町民の不安に寄り添った訪問の様子



介護予防事業「GOGO!とみおか」では運動に熱が入ります。



生活支援相談員は、「暮らしに関するしおり」「GOGO!とみおか」「ゆうゆう倶楽部」を持って訪問へと向かいます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう