「大熊町社会福祉協議会中期ビジョン」策定を振り返って ~大熊町社会福祉協議会~ | はあとふる・ふくしま

loader
はあとふる・ふくしま
避難者への生活支援とボランティア活動を伝えます

「大熊町社会福祉協議会中期ビジョン」策定を振り返って ~大熊町社会福祉協議会~

2017/05/10
 

本会では、平成28年度に福島県社会福祉協議会の支援を受け、平成29年度から3か年の中期ビジョンを策定いたしました。
本会としては、平成23年3月11日から避難状況が続いている中で、避難先と町内の復興拠点における町民支援活動をさらに推進していくことにしております。

ビジョン策定にあたっては、本会職員はもとより、関係する機関・団体等の協力をいただき、幅広く意見・要望等を聴き取りまとめております。
このビジョンを策定することで、本会がどういう組織なのか、何を目指している組織なのか、改めて町民及び職員が理解するきっかけになったと思います。

今年度は、ビジョンの実行段階に入りますので、町民の避難状況等の変化を踏まえ実施状況の検証を行いながら、より良いビジョン遂行に向け取り組んで行きたいと考えております。


本会ホームページ:http://okuma-shakyo.or.jp/


大熊町社会福祉協議会 事務局次長 半杭裕明



この記事が気に入ったら
いいね!しよう